【第1回2100plus講習会】12月18-21日


 九州大学から渡辺先生と島袋さんがお越しくださって、FIBと2100plusの講習会を開催しました。
 スピノーダル分解が起きている鉄系モデル合金および海外試験炉で中性子照射したRPV鋼を試料として、FIB加工からWB-STEM観察までの微細組織分析を行い、大洗センターと九大応用力学研究所で行っている最先端の電子顕微鏡を用いたナノ構造分析技術に関わるノウハウを共有し、これまでのこれからの微細組織分析を議論しました。

実験設備 研究課題申請大洗における宿泊施設
平成29年度 共同利⽤予定表