大洗原子力夏の学校

東北大学金属材料研究所附属量子エネルギー材料科学国際研究センターでは、全国の大学生、大学院生、初級技術者を対象とした「大洗原子力夏の学校」を開催します。
この夏の学校では、放射線測定など基礎的技術の習得から、透過型電子顕微鏡、3次元アトムプローブなどの最新の実験手法を学ぶことが出来ます。

趣旨説明

 東京電力福島第一原子力発電所(1F)事故の廃止措置は今後30-40年続くと予想されており、継続的な対応には人材育成が欠かせません。本実習では、大学生、大学院生、初級技術者を対象に、原子力に係る廃止措置や安全性向上を課題とした夏の学校を実施します。
本実習では、1Fの現在の状況及び廃止措置について分かりやすく解説します。また、研究および事業の最前線で活躍している研究者から、放射線測定など基礎的技術をはじめ、透過型電子顕微鏡、3次元アトムプローブなどの最新の実験手法まで幅広く学ぶことが出来ます。

「平成27年度大洗原子力夏の学校」集合写真

本実習が行われる茨城県大洗地区には、三つの特徴ある研究用原子炉(材料試験炉「JMTR」、高速実験炉「常陽」、高温工学試験研究炉「HTTR」)があり、それに付随して大型のホットラボが設置されています。これらの環境を利用した本格的な実習が体験できます。また、日本原子力発電株式会社東海総合研修センターを用いて原子炉シミュレータ体験、ポンプ、弁など訓練用系統の実設備運転体験を実施します。原子力分野の方はもちろんですが、原子力分野以外の方でもご興味をお持ちの方の参加を歓迎します。放射線管理区域内実習など、他では出来ない貴重な体験が出来るプログラムになっています。また、本実習では一週間の期間に、参加した全国の仲間の間にコミュニケーションが生まれるのも大きな魅力です。皆様のご参加をお待ちしています。(尚、実習内容は都合により変更される場合があります。)

 

主催 東北大学金属材料研究所附属量子エネルギー材料科学国際研究センター
共催 日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター、日本核燃料開発株式会社、日本原子力発電株式会社
後援 東海村、大洗町
期間 平成28年8月1日(月) 9:00 〜 8月5日(金)17:00
場所 東北大学 金属材料研究所附属 量子エネルギー材料科学国際研究センター
茨城県東茨城郡大洗町成田町2145-2 
申し込み方法 申込書(エクセルファイル)の送付、または、当サイトの申し込みフォーム
募集人数 30名
定員を越えた場合は志望理由、希望実習テーマ等などを基に選考いたします。
締め切り 平成28年6月17日(金)
参加費 無料
旅費:学生の参加者には、東北大学の規定に基づき旅費を支給します。社会人の参加者は原則としては旅費を支給しません。必要な場合はご相談下さい。
備考 今年度より、社会人の方のみ、部分受講を認めます。詳しくは参加申し込みのページを参照下さい。

尚、本「大洗原子力夏の学校」は経済産業省の「安全性向上原子力人材育成委託事業」の一環として実施されます。

 お問合せ
   住所:〒311-1313
    茨城県東茨城郡大洗町成田町2145-2東北大学金属材料研究所
    附属量子エネルギー材料科学国際研究センター 事務局
    TEL:029-267-3181  /  FAX:029-267-4947
    E-mail:oarai-ss@imr.tohoku.ac.jp

 

−平成28年度大洗原子力夏の学校プログラム(暫定版)−

8月1日(月) 
  施設見学(高速実験炉「常陽」、高温工学試験研究炉(HTTR))
  共通基礎講習
  (「エネルギー事情と原子力」、「福島第一原子力発電所の廃止措置の現状」)
8月2日(火)
  共通基礎講習(「放射性廃棄物の処理と処分の現状と計画」、
   「福島第一原子力発電所事故に関する放射線防護上の課題と提言」)
テーマ別実務教育
  6班に分かれて下記のテーマを実習
  A班:核燃料物質を用いた模擬炉内損傷燃料試料作製実験(担当:NFD)
  B班:原子力施設の廃止措置実習(担当:原子力機構)
  C班:金属材料の照射試験技術および照射脆化の評価(担当:東北大)
  D班:原子力材料の強度特性と組織の相関評(担当:原子力機構)
  E班:核燃料・アクチノイド関連物質の合成と精密評価(担当:東北大)
  F班:原子炉施設の安全に関するオンサイトトレーニング(担当:原子力機構)
8月3日(水)
   テーマ別実務教育続き
8月4日(木)
   テーマ別実務教育続き
8月5日(金)
   日本原電見学と実習
   東海発電所概要説明・見学
   東海総合研修センターにシミュレータと保守関係実習

[テーマ別実務教育] 

1.廃止措置関連

1−1.核燃料物質を用いた模擬炉内損傷燃料(デブリ)試料作製実験(注1)
  種類 / 核燃料取り扱い作業 機関・施設 / NFDウラン・燃料研究棟


模擬デブリSEM観察
 福島第一原子力廃止措置では燃料デブリ取出しが重要課題となっている。本実習では、UO2-ZrO2-Fe系の模擬デブリを調査対象として取り上げ、その試料調製、光学顕微鏡観察、走査型電子顕微鏡/エネルギー分散型X線分析(SEM/EDX分析)、および硬さ測定を行う。実際にウラン試料を用いた実験を経験し、核燃料物質や放射線に対する安全取扱・管理能力を養うことにより燃料の信頼性向上と高度化の基礎知識を身につける。

1−2.原子炉施設の廃止措置実習(注2)
  種類 / コールド作業   機関・施設 / JAEA・DCA、廃棄物管理施設等


廃止措置実習
  福島第一原子力発電所も含め原子炉施設の廃止措置は、今後の原子力界において重要なプロジェクトとなる。そのため、実際に廃止措置段階にある原子炉を利用し、装置の解体等を体験し、廃炉や解体物の取扱やその後の処理処分に必要なデータ等を評価することにより、原子炉施設の廃止措置に携わる技術者としての基礎知識を身につける。


2.安全性向上関連

2−1.金属材料の照射試験技術および照射脆化の評価(注1)
  種類 / RI作業   機関・施設 / 東北大・研究棟、ホットラボ棟


透過電子顕微鏡実習
  材料の照射健全性を評価するために不可欠な照射試験技術を学ぶ。照射用試料作製とキャプセルへの装荷、材料開発と照射用試料の作製、試験片打抜、レーザーマーキング実習、計装化シャルピー衝撃試験、SEMによる破面観察を実習する。透過電子顕微鏡(TEM)、陽電子消滅法、3次元アトムプローブ等の最先端機器を用いた材料解析手法の講義と実習により高経年化評価手法・対策技術の高度化に必要な技術を習得する。

2−2. 原子力材料の強度特性と組織の相関評価(注2)
  種類 / コールド作業   機関・施設 / JAEA・照射材料試験施設等


原子炉材料の強度特性実習
照射後試験施設における各種の試験装置を活用して、原子力施設を構成している機器等の 健全性評価のために行われる材料強度試験・分析試験等について、非放射化試料を用いた 実習と、実際に放射化した試料を取り扱う試験の見学を通じて、各種試験装置の取扱方法や 放射線による材料特性の変化等について理解を深めるとともに、放射性物質取扱作業に関 する基礎知識を身につける。

2−3.核燃料・アクチノイド関連物質の合成と精密評価(注1)
  種類 / 核燃料取り扱い作業・RI作業   機関・施設 / 東北大・アクチノイド棟


アーク溶解炉実習
  ウランなどのアクチノイド、およびランタノイドを安全に取り扱いながら、アーク溶解炉を用いて化合物を合成する。合成された試料について構成元素の組成分析やX線回折法により結晶構造などを調べ相を同定し、電気抵抗や磁化といった基本的な物理量測定を通して物質の 電子状態を知るための一連の手法を学ぶ。

2−4.原子炉施設の安全に関するオンサイトトレーニング(注2)
  種類 / コールド作業   機関・施設 / JAEA・JMTR、HTTR、常陽等


原子炉施設の安全性実習
大洗地区のそれぞれ特徴を持つ3つの原子炉について、それぞれの原子炉運転シミュレータの運転操作や臨界近接等の解析実習を通じ、原子炉の仕組みとその特性や固有の安全性について基礎知識を身につける。また、実際の原子炉を見学する希少な経験をしながらのオンサイト講義により、原子炉施設の仕組みについて講義で得た知識を実際の現場で確認し、理解を深める。これにより、原子炉施設の仕組みと安全管理に関する知識を身につける。

 

注1 1−1、2−1、2−3では、所属の機関で放射線作業従事者登録を済ませていることが必要
注2 1−2、2−2、2−4では、共通実習として個人線量測定や環境試料の分析等の実習を実施 し、放射線管理に関する基礎知識を身につける。

 



ダウンロード資料

ホーム │ センター概要 │ 研究・教育 │ 実績 │ 施設・装置 │ 材料照射 │ 施設利用情報 │ 連絡先・アクセス │ 関連リンク