【先端技術勉強会】強磁性体のSTEM観察


2018年2月28日、日本電子の福永啓一博士を講師としてお招きし、先端技術勉強会を開催しました。普段、大洗センターで透過電子顕微鏡2100plusを管理しているメンバー(准教授1名、助教1名、技術職員1名、ポスドク1名)が参加し、イオンスライサーで作製したバルクサイズの強磁性体中の転位組織を撮影する最先端のSTEM法を習得しました。
大洗センターでは、職員の技術力アップを継続し、共同利用をサポートして参ります。

実験設備 研究課題申請大洗における宿泊施設
平成30年度 共同利⽤予定表